ホームページ修正・更新センター

トップページ > HP修正・更新お役立ちブログ > ホームページを集客につなげる為のポイントを紹介!

ホームページを集客につなげる為のポイントを紹介!

  • この記事を書いた人
  • Sho Suzuki
  • 2023.01.26
  • ホームページ制作

 

集客は会社や店舗にとって売上や規模拡大に繋がる大切な要素ですが、現在集客をする方法は多く広がっています。

今回その中でも特にオススメしたいのがホームページの開設、そして更新についてです。

ホームページを立ち上げておくことで会社にとって様々なメリットや目的が達成されますが、そこにはもちろん集客効果も期待できます。この記事では「なぜホームページが集客や売上に繋がるのか」「より集客に繋げるためのポイント」をご紹介していきます。

 

ホームページを作成する重要性

ホームページは会社の「自己紹介」となるだけではなく、作成することで会社にとって様々な効果が期待できます。

これから会社を伸ばしたい人、ある程度売上はあるのになんとなく手を出してこなかった人など、まずはホームページを作成する重要性を理解しておきましょう。

 

外部からの信用度が高まる

たとえば私たちが普段の生活の中で気になる飲食店を見つけたとき、まずはインターネットで情報を見てみようと店名を検索することがありますよね。

その際に全く公式的な情報が出てこないと不安になったり不信感を覚えてしまいませんか?

その感覚のようにホームページが開設されていないというだけで印象が下がりますし、逆に言えばホームページが開設されているだけでお客さんや他社の人間から見た時にしっかりした会社、お店だという印象をもたらすことができます。

 

問い合わせ窓口が分かる

ホームページのよくある形としてページ下部や会社情報記載ページに電話番号やメールアドレス、または所在地などが掲載されています。これは何かあればすぐにお客さんが会社に問い合わせができることを目的にしています。

お客さんが商品やサービスに興味を持ってまずは詳しく話を聞いてみようとなった時、インターネット上に情報が無いせいでどこに問い合わせをしたらいいのか分からないからとその時点で興味がそがれてしまう可能性があります。

せっかく売上に繋がりそうなきっかけを、問い合わせ先が無いからというだけで失ってしまうのはとてももったいないですよね。

中には「質問や興味があればお気軽にこちらまで」というような気遣いの文章が添えられている場合もあり、よりお客さんが問い合わせをしやすいように作っている企業もあります。

 

情報発信が自由にできる

新商品の発売や新しいセール、サービスを外部に周知させようと広告をする場合、雑誌やインターネット広告などのメディアを利用すると広告宣伝費として決して安くはない料金が発生してしまいます。

新規の会社やまだまだ発展中の会社にとっては痛い出費でしょう。しかしこの場合自社のホームページを開設していれば、費用をかけずに多方面に向けて新情報を発信することができるのです。

 

競合他社と比較されたときに選ばれない

例えば似たような商品を扱っている2店舗があった場合、A店は店舗情報や商品の紹介、営業時間等が細かく載ったホームページが開設されているのに対しB店はホームページが無く店舗や商品の情報が全く不明だったとします。

当然、最終的には来店した時を想定しやすいA店での購入を選ぶ人の方が断然多いでしょう。このようにホームページが無いとお店の雰囲気や魅力を伝えることができず、より情報が伝わる競合他社の方が印象が良く選ばれてしまいがちになるのです。

 

ホームページは集客・売上に繋がる

ここまで様々なホームページ開設のメリットを説明しましたが、これらは最終的に全て売上に繋がることに気付いたのではないでしょうか。

「信用できる」「事前に話を聞ける」「情報が発信されている、調べられる」この効果は自社の商品やサービスに興味を持ち始めている人の後押しをすることができ、購入意欲に繋がりやすくなります。

インターネット上に1つのサイトを立ち上げるだけなのでそこまで効果が無いんじゃないかと思う方も居るかもしれませんが、購入を悩んでいる人たちにとって信頼、安心ができるというのは大きな判断材料になるのです。

きっと少なくないであろう「購入一歩手前でやっぱり辞めた」人達を引き留めることができるというのは売上の向上に直結します。

 

ホームページを集客に繋げるポイント

より集客に繋がるホームページにするために、ただ開設をすればいいだけでなく様々な工夫をしていくことが大切です。集客や売上アップを狙える他とは一味違うホームページを目指しましょう。

 

ホームページとして分かりやすくする

トップページを開いた時点で見やすいサイトだと思ってもらえるような、読み手を配慮している理解しやすいホームページにすることが大切です。

文字が小さかったりイラストや写真、装飾が無く文章だらけだったりするサイトは、分かりづらいうえにそもそも見る気を失ってしまう可能性がありますよね。

せっかく開いてもらったのに、読みづらそうだからとろくに目を通さないままサイトを閉じられてしまっては元も子もありません。読みやすく惹かれやすい、そして購買意欲に繋がるようなサイト作りを心がけましょう。

 

ターゲットを明確にする

なるべく多くの人にホームページへアクセスして欲しいのは大前提として、アクセスして欲しいターゲット層や購入を狙いたい層を事前に明確にしておくことが大切です。

「性別は?」「年代は?」「職業は?」「家族構成は?」「趣味や特技は?」「子供は居る?」など細かければ細かい程良いでしょう。事前にこうしてターゲットを分析しておくことでそこにアプローチしやすいサイト作りを行うことが可能です。

 

アピールしたい部分はしっかり前面にする

例えばある特定の商品やサービス、キャンペーンの売上向上を狙っているのにもかかわらずその情報が何度かページを進んでいった場所に記載している場合、いったいホームページを見に来た人のうち何人がそこまでチェックしてくれるでしょうか。

興味半分だった場合、流し見するようにトップページの上部分だけ見て閉じるなんて人は大勢居ます。そうなると、せっかくホームページを開いてもらったのに商品をアピールできないままになってしまいます。

それを防ぐために、売り出したい新商品やキャンペーンが始まればその度にホームページを更新して常にサイトトップに分かりやすく大々的にキャンペーンすると良いでしょう。

そうすれば一目で情報が視界に入り興味が出ますし、このサイトは定期的に更新しているんだなという信頼にも繋がります。

 

ホームページを見るメリットを持たせる

会社やブランドのホームページを見ていると「このページを読んでいる人にだけのお得情報」「ホームページを見ていると伝えれば特典GET」というような言葉を見聞きしたことがありませんか?

そうするとホームページを見ているお客さんは自分だけの特別なサービスだと得をした気分になり購買意欲が上がりやすくなるでしょう。あまりにサービスをしてしまうとそれ以外のお客様とのトラブルにもなりかねませんので、そのバランスは上手く調整することが大切です。

 

スマートフォンで見ても綺麗なWEBサイトにする

お客さんの大半がスマートフォンでホームページにアクセスするため、その人たちにとってホームページが見づらくなってしまうことは避けるようにしましょう。

スマートフォンからの閲覧に対応していないサイトは文字化けが起きてしまったりページが不自然に飛んでしまったり、リンクが押しづらかったりと見ているうえで多くの不具合が生まれます。見づらいからとサイトを離れてしまうことがないように、開設の時点でPC、スマートフォン共に対応可能なようにしておきましょう。

 

SEO対策をする

SEOとはユーザーがある特定のキーワードを検索したときに、作成したページがなるべく上位に検索結果として表示されるようにすることを言います。

ホームページ運営では競合他社に劣らないためにもこのSEO対策がとても重要となってきます。そもそもSEO対策には様々な知識や仕組みを知ることが必要となってきますので勉強が必要です。

 

ホームページは定期的な修正更新が必要

ホームページで集客を狙うためにもうひとつ重要なのが、サイトの定期的な修正や更新です。1度開設すればそれで終わりではなく、その後の運用も大切なことを知っておきましょう。

 

更新がされていることで信用度が高まる

ホームページが長期間放置されていると、それを見たお客さんや他社の人間からすると「もう閉じてしまったのかな」「あまり管理ができていないのかな」と不安になってしまったり信用が下がってしまう可能性があります。

そうなると会社に対して持っていた興味を無くしたり印象が悪くなってしまうことを避けきれません。

頻繁に新しい情報を発信している様々なコンテンツがあるホームページは会社が活発的に動いていることが分かりますし雰囲気も伝わります。

 

定期的にチェックされるようになる

ホームページはとにかくアクセスしてもらうことが大切なのでお客さんにサイトをチェックする習慣が身に着くのはとても大きなメリットとなります。

見る度に特に更新がされていないサイトなんてそのうち見ることをやめてしまいますよね。

定期的に更新がされているホームページだと認識してもらうことでお客さんは自然と頻繁にサイトをチェックするようになりますし、そうしているうちに会社に対して親近感を覚えてもらうことができます。

 

ホームページ修正・更新の代行業者に依頼するメリット

自分たちでホームページを作成または更新をするのは時間や知識が無かったりと様々な理由から簡単にできることではありません。そんな時にぜひ活用して欲しいのが、自社の代わりにホームページの運用を行ってくれる修正や編集専門の代行業者です。

 

より効果的にしてくれる

もちろんホームページの作成や更新自体は自分たちでも行えますが、代行業者に依頼することでより集客や売上に繋がりやすいホームページに仕上げることができます。

代行業者はホームページに関する専門なので、様々な知識や傾向を熟知しています。「どのページが一番見られているか」「どうしたら購買意欲を後押しできるか」「どのタイミングの公開が効果的か」などより効果がでるように多くの工夫をしてくれます。

SEO対策まで完璧に考慮してくれるはずなので、より多くの人に見られるホームページを狙えるでしょう。また、事前に要望を伝えることでなるべく理想に近い形でホームページの運営を行えるでしょう。

 

本来の業務に集中できる

ホームページの更新は時間がかかる作業となっているので、知識が無かったり慣れていなかったりすると多くの時間と労力が必要となってきます。

そうなると本来の業務に支障をもたらしてしまう可能性があり、会社が提供しているサービスの質が下がってしまうことも有り得ますよね。ホームページを外部に依頼することで会社の人間はそれぞれの仕事に集中することができます。

 

ホームページを集客につなげる為のポイントのまとめ

ホームページは運営次第で多くの効果を期待することができます。特にインターネット社会となった現在では、ネット上でどれだけ会社のアピールができるかどうかは集客や売り上げに大きな効果をもたらすでしょう。

「費用がかかる」「サイトについてよく分からない」と躊躇してしまう方も居るかもしれませんが、まずはサーバーの確保や作成ソフトについて調べてみたり代行業者に話を聞いてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

ぜひ今回ご紹介したポイントを踏まえつつ、会社にとってベストなホームページ運営を目指しましょう。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Sho Suzuki

フロントエンドエンジニア / SEOプロフェッショナル

建築系の大学卒業後、芸術系の大学院を修了。その後、デジタルマーケティングを専門で行う企業にて約6年間フロントエンドエンジニアとして活躍する。同時期に、SEO対策に興味を持ち専門資格を多数取得する。
現在は、テクニカル記事の専属ライターとして多方面で活動中。