ホームページ修正・更新センター

トップページ > HP修正・更新お役立ちブログ > ホームページ更新・編集の代行業者に依頼時に確認するポイント

ホームページ更新・編集の代行業者に依頼時に確認するポイント

  • この記事を書いた人
  • Sho Suzuki
  • 2022.09.14
  • ホームページ修正・更新
  • 修正代行業者

 

自社で運営しているホームページを修正するために、いざホームページ修正代行業者に仕事を依頼しようとしたとき

  • ホームページ作成業者に修正依頼の連絡をしたら倒産していた
  • ちょっとした修正だから、あまり費用をかけたくない
  • 自分たちが思った通りにWEBサイトを修正をしてくれるかが不安

と思ったことはありませんか。今回は、ホームページ修正代行業者に仕事を依頼する場合に確認するポイントを紹介します。

 

ホームページ修正代行業者に依頼時に確認するポイント

 

今回、ホームページ修正代行業者に仕事を依頼する場合に確認するポイントは

  • 事前に依頼要件をまとめる
  • 業者選定
  • ホームページ修正に掛かる費用
  • ホームページ修正対応者のスキル
  • 担当者
  • 情報発信

この6つです。それぞれ詳しく説明していきます。

 

事前に依頼要件をまとめる

これはとても重要で、具体的に言うとホームページ修正依頼業者に依頼する前に「どのような修正をするのか」を依頼者側でできる限り具体的にしておくことです。

こちらがしっかりなされていないと、修正するのに無駄に時間がかかってしまったり、思ったとおりの修正がなされないこともあります。

そうならないためにも事前調査をしっかり行い、その結果を文書化し、そのまま修正依頼業者に修正依頼書として提出しましょう。

 

業者選定

以前にホームページの作成を業者に依頼したのであれば、その業者に修正も依頼できないかを確認してみましょう。但し、制作会社などに修正だけを依頼すると費用が割高になることがよくあります。

ホームページの修正をできるだけはやく行いたい場合には、ホームページ修正依頼業者に依頼するのがベストです。

 

ホームページ修正に掛かる費用

ホームページの修正代行業者の費用プランは「修正箇所に応じたプラン」と「月額費用プラン」の2つに分かれます。

修正箇所に応じたプランは、1つの修正に対して費用が発生するため、無駄が省けるメリットがあります。しかし、追加料金が発生するかもしれないというデメリットがあります。

月額費用プランは、修正だけでなく運用全般を任せられるメリットはあります。しかし、修正がない場合でも、毎月固定費用がかかるというデメリットがあります。

 

ホームページ修正対応者のスキル

ホームページの修正代行業者とひとくくりにしても、それぞれの業者が持っているスキルはさまざまです。

だからすべての業者が、修正依頼に応えられるスキルを持ち合わせているとは限りません。とくに、他人が制作したホームページには、特殊なコードが組み込まれていることもあり、修正には高いスキルが必要となることがあります。

だから、ホームページ作成業者以外に修正を依頼する場合は、他人が作成したホームページでも修正が可能かどうかを必ず確認しましょう。

尚、クラウドソーシングなどで安く請け負うワーカーがいたりしますが、ワーカーの中にはスキルのレベルがなく、修正をされて返ってホームページの品質が下がることなどがあるので注意が必要です。

 

修正業者の担当者

できれば、実際にホームページの修正を担当するスタッフと直接話ができるほうが望ましいでしょう。

間に営業担当者が入ると、その人が依頼者と修正担当者の仲介役となるため、修正完了までに時間がかかってしまいます。

また、口頭だけで修正依頼を伝えている場合は、依頼者の希望したとおりの修正がなされない場合もあります。修正を担当するスタッフと話せるかどうか、また話をしてみて、この人と一緒に仕事がしたいかを判断しましょう。

 

情報発信をしている業者か

修正依頼業者が積極的に情報発信をしているかどうかを調べましょう。

「どのような実績があるか」「SNSは活用しているか」「定期的に情報更新しているか」は必ずチェックするようにしましょう。

たとえば、ブログの最新記事が半年前となっているような業者は避けるべきでしょう。

なぜなら、自社のホームページですら積極的に更新できない業者が、他社のホームページをスピーディーに修正できるはずありません。ホームページ修正依頼業者にとって、積極的な情報発信に勝る宣伝方法はありません。

 

修正代行業者を決めるときの注意点

 

ここまで紹介した6つのポイントをふまえて、何社かのホームページ修正代行業者の候補が出てきたと思います。しかし、実際に依頼するのは、その候補の中の1社。

だから、候補の業者から1社に決めなくてはなりません。次は、修正代行業者を決めるときの注意点について説明します。

 

やりたいことは実現できるか

修正代行業者に修正を依頼しても、依頼者がやりたいことを実現できなければ何の意味もありません。

業者を決めるときの最優先事項は、事前調査で具体的に決めた「どのような修正をするのか」をより忠実にこなしてくれるかです。どれだけ魅力的な業者でも、依頼者がやりたいことを実現できない業者に修正依頼をするのはやめましょう。

 

費用だけで決めない

ホームページ修正代行業者を決めるときに、「費用が安かったから」という理由で決める場合もあるでしょう。

費用だけで修正代行業者を決定することは絶対にやめましょう。

極端に費用が安い場合は、外注の可能性もあります。反対に費用が高いから安心ということもありません。まずは、やりたいことを実現できる業者を選定したのち、費用を見るようにしましょう。

 

1社だけで判断しない

修正代行業者を知らないと、修正代行業者の調査からはじめなくてはなりません。

調査が面倒だからと1社だけで判断しないようにしましょう。できることなら3~5社の中から選ぶようにしましょう。その場合も、候補の業者には直接連絡を取り、やりたいことが実現できるかを詳しく調査しましょう。

 

まとめ

今回は、ホームページ修正代行業者に仕事を依頼する場合に確認するポイントを6つ紹介しました。6つのポイントとは

  • 事前に依頼要件をまとめる
  • 業者選定
  • ホームページ修正に掛かる費用
  • ホームページ修正対応者のスキル
  • 担当者
  • 情報発信

です。6つのポイントにそって修正代行業者の候補をそろえたら、

  • やりたいことは実現できるか
  • 費用だけで決めない
  • 1社だけで判断しない

に注意して、修正代行業者を決めましょう。

 

ホームページ修正代行業者は数多くあります。この記事がよりよい選択の手助けになったらうれしいです。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Sho Suzuki

フロントエンドエンジニア / SEOプロフェッショナル

建築系の大学卒業後、芸術系の大学院を修了。その後、デジタルマーケティングを専門で行う企業にて約6年間フロントエンドエンジニアとして活躍する。同時期に、SEO対策に興味を持ち専門資格を多数取得する。
現在は、テクニカル記事の専属ライターとして多方面で活動中。