ホームページ修正・更新センター

トップページ > HP修正・更新お役立ちブログ > WordPressのホームページが更新や修正作業が便利な理由

WordPressのホームページが更新や修正作業が便利な理由

  • この記事を書いた人
  • Sho Suzuki
  • 2022.12.30
  • WordPress
  • ホームページ修正・更新

 

ホームページの開設・運営について調べていくと必ずといっていいほど「WordPress」の名前を見かけると思います。

なぜWordPressがホームページ運営においておすすめなのかを、メリット・デメリットを踏まえつつ解説してきます。

この記事を読めば、WordPressに対する疑問はほとんど解決できるでしょう。

 

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressは、数あるCMSの一つです。

CMSとは、ホームページ制作や修正・更新を行うことができるツールです。そのCMSの種類の一つにWordPressがあるというわけです。

そのため、CMSには種類がたくさんありなかでも、WordPressは世界中のホームページで使われており、世界シェアNo,1のCMSです。

日本でも、個人のブログや企業、各官庁や大学でのWebサイトに使用されています。

ではなぜ、WordPressは世界シェアNo,1のCMSなのか。

それは「ちょうどいい」からです。

「ちょうどいい」とはどう言う意味なのか、WordPress以外の運営方法と比較しながら説明していきます。

 

ホームページの運用方法3選

ホームページを運用するにあたり、“何で”ホームページを制作したのかによって、その後の運用方法を変わってきます。

そのため、ホームページを制作する際に、どういった方法があるのかを解説してきます。

主にホームページを制作する方法は以下の3つにまとめられます。

 

  • WordPressなどのCMSで制作する場合
  • ホームページが簡単に作成できるWEBサービスで制作する場合
  • HTML/CSSで制作する場合

 

それぞれの細かな説明は省きますが、ホームページ運用において必要になるのが、修正や更新などの編集作業です。

そのため、それぞれの修正・更新作業を行う場合の難易度を見てみると、ホームページ作成サービス<WordPress <HTML/CSSで制作する場合の順番で編集の難易度が高くなっております。

それぞれについて説明していきます。

 

HTML/CSS

HTML/CSSで制作した場合、修正・更新作業においてもHTMLとCSSのプログラミング言語など専門的な知識が必要になります。その為、知識がない方にはレベルが高いです。

しかし、メリットもあります。これから説明していきますがWordPressは用意されたデザインテンプレートの中から自分の好きなデザインを選ぶ、それに当てはめながらホームページを作ります。

しかしHTML/CSSで制作する場合や編集する場合、テンプレートはないので、自分で一からホームページのデザインも作ることができ、自由度の高い更新が可能です。こだわりが強い方などには、魅力的と言えます。

 

ホームページが簡単に作成できるWEBサービス

ホームページ作成のWEBサービスは修正・更新などの編集作業は比較的簡単できます。

しかし、変更できる箇所がそもそも少ないためとめ簡単とも言えます。基本的にはデザインはテンプレートから選び使用するので、変更できる箇所はあらかじめ決まっていることが多いです。そのため自由度は低いです。

 

WordPress

WordPressは修正・更新作業においては、ホームページ作成サービス同様に簡単にできます。ほぼ全ての編集作業を管理画面から行えますし、ChromeやSafariなどのブラウザから簡単に管理画面にアクセスできます。

また、ホームページ作成サービスのデメリットである、自由度が低い点ですが、そこら辺WordPressは自由度は高いです。

デザインテンプレートの数は非常に多く、どれにするのか迷ってしまうぐらいあります。

これから説明しますが、ホームページに追加できる機能も非常に多いです。

機能とは、「お問合せフォーム」や「クレジット決済」などです。

 

  • 修正・更新などの編集作業は簡単にできる
  • デザインテンプレートやプラグインの数も多いため、カスタマイズできる範囲も広い

 

まさに「ちょうどいい」のです。これが人気の理由でしょう。

次にWordPressのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

WordPressのメリット

 

無料で利用することができる

WordPressは完全無料で利用できます。

ホームページをWeb上に表示させるために必要な、サーバーやドメインなどは自分で用意する必要がありますが、WordPress自体は無料で使用することが。

そのため、WordPressで運用を行う場合、費用はサーバー代とドメイン代だけです。

レンタルサーバーの相場としては、月数百円から〜2,000円ほど。ドメインは、月100円から〜数千円となっています。

 

WordPress自体は何個でも無料でダウンロードできるため、ホームページを複数運営することも可能です。

 

引き継ぎがスムーズ

やはりビジネスなどで使うホームページの場合「品質の良い」ホームページであることが重要です。その場合、品質の良い更新も必要です。そのため運営はなかなか大変な作業です。

しかし、WordPressの場合、運営を途中から、外注に頼むのも可能です。

ホームページ制作会社のほとんどはWordPressに対応はしておりますし、

WordPressを活用した集客に強い制作会社やWordPressを得意とする制作会社、WordPressの知識と実績を兼ね備えた制作会社はたくさんあります。

そのため、引き継ぎもスムーズに行えるでしょう。

 

デザインテンプレートの種類が豊富

WordPressは非常に多くのデザインテンプレートが用意されています。

デザインテンプレート、無料と有料で別れています。

しかし、無料テーマだから劣っているということもなく、無料のデザインテンプレートの中にも魅力的なデザインが数多くあります。

 

プラグインを使用することで、色々な機能を追加できる

「お問合せフォーム」「商品カート」「クレジット決済」「SEO対策」

上記のようなプラグインは大体用意されているので、自分で行う作業はインストールをして設置をするだけです。

プラグインの導入方法も簡単で、管理画面から簡単にインストールやアンインストールができます。

また、世界中にクリエイターがいるため、日々新しいプラグインが開発&公開されています。

 

更新が簡単

更新作業なんかは、ブログを書くような感じで更新が可能です。

WordPressの強みはWeb制作のスキルがなくても更新ができるという点です。

基本的には、文字の入力と画像の挿入だけで、更新が可能で、専門的な知識は必要ありません。

 

情報がネット上にたくさんある

WordPressを使用しているなかで、わからないことがあれば、検索すれば、解決法が簡単に見つかると思います。

ノウハウがネット上にたくさんあるので、分からないことなどはネットで検索すればでてくるので、そういった意味でも、編集しやすい環境でしょう。利用者も非常に多く、もちろん日本にもたくさんのユーザーがいます。そのたえ、日本語での情報を得られます。

 

記事以外にもYouTubeや書籍などもあります。

あまり使用されていないCMSの場合、調べても情報はあまり出てきません。

そういった点ではWordPressは非常に強く、安心です。

これは世界シェアNo,1のWordPressならではの、非常に強いメリットでしょう。

 

WordPressのデメリット

カスタマイズには知識が必要

WordPressは、専門知識がなくても、システムが充実しているため、更新などは簡単にできます

しかし、「自分で一から自由に構築したい」「品質の良いホームページ」を作りたい場合、HTMLやCSS、PHPの専門的な知識が必要になります。

また、世界シェアNo,1ということで、多くの人が利用しています。

そのため、WordPressが提供しているデザインテンプレートにはめて、作成すると「見たことある」ホームページになってしまうか可能性があります。

差別化を図る意味でもレイアウトなどは変更したいですし個人的にレイアウトを変更したい場合、HTMLやCSSの知識が必要に。

そのため、カスタマイズなの、他のWordPressを使用しているサイトとの差別化が必要です。

 

セキュリティ対策が必要

WordPressは世界中で使われているシステムです。そのため、ハッカーの標的にもなりやすいです。

セキリュティ対策のプラグインや、セキュリティに強いレンタルサーバーを選択しましょう。

注意するポイントとしては、非公式のプラグインをインストールすると、ウイルスに感染する場合があります。そのため、非公式のプアラグインはインストールしない

 

電話でのサポートがない

WordPressのサポートはメールのみで、電話で対応は行っておりません。

WordPressが無料で使用できる理由としては、すべての作業を自分で行う必要があるためです。無料で使用できるには理由があると言うことです。

しかし、そんなに難しい作業や専門的な知識が必要になる場面はありませんし、

最近では、一からWordPressでホームページを作る方法や修正・更新などの編集作業を解説している、本や動画、記事などたくさんあります。

それを見ながら行えば、十分行えるでしょう。

 

英語表記の場合がある

WordPressの無料テーマやプラグインの多くは、海外のクリエイターが作成している場合が多いです。サンプルのホームページは英語で作られています。

そのため、英語の意味がわからない場合は、自分で調べる必要があります。

また、海外クリエイターが作成しているため、当然英語に合ったデザインになっています。

そのため、日本語にしたら、想像と違ったなんてこともあるかもしれません。

また、プラグインの中には日本画に対応していないものもあるため、注意が必要です。

 

まとめ

ホームページ運営を行うならWordPressがおすすめです。

理由としては、

 

  • ホームページの修正や更新などの編集作業に専門的な知識は必要なく、簡単にできる
  • デザインやプラグインなどを使えば比較的自由に修正・更新作業が行える
  • わからないことがあった場合もGoogleなどで調べれば、すぐに解決策が見つかる

 

また、将来的にHYMLやCSS、PHPの知識を身に付けることができれば、より高度な編集作業ができるため、さらに品質の良いホームぺージにすることができます。

ぜひ、WordPressを使いこなし、自分の思い通りのホームページを完成させましょう。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Sho Suzuki

フロントエンドエンジニア / SEOプロフェッショナル

建築系の大学卒業後、芸術系の大学院を修了。その後、デジタルマーケティングを専門で行う企業にて約6年間フロントエンドエンジニアとして活躍する。同時期に、SEO対策に興味を持ち専門資格を多数取得する。
現在は、テクニカル記事の専属ライターとして多方面で活動中。